セレッソ大阪 2018 ユニフォーム

2018年のシーズンは、大阪サクラのホームユニフォームがピンク色に、さらにはマットで白く選ばれます。このコンビネーションは、自宅のチェリーユニフォームではほとんど見られません。

ユニフォームは、LIGA Collectionと呼ばれるテンプレートを使用します。LIGA Collectionは、プーマがスポンサーするEvalユニフォームテンプレートと同じです。ホームユニフォームはシンプルな白い丸い首を持ち、袖口に白いトリムを加えています。 ユニフォームカラーは白いストライプストライプの袖に続き、クラシックなレトロな外観を作り出します。ユニフォームの桜はクラブで象徴され、11チームの桜がチームのためにプレーしますチャンピオンシップを象徴する黄金の五芒星が、左の胸の紋章の上部に追加され、チームの最終的なチャンピオンシップの夢の栄光の瞬間を象徴します。肩から袖にかけて配された伝統的なアパレルフォームストライプとクラシックなデザインのクルーネックが特徴です。

セレッソ大阪 2018 アウェイユニフォーム

新シーズンでは、大阪サクラアウェイユニフォームはホームユニフォームと同じテンプレートを使用しています。アウェイ ユニフォームは伝統的なホワイトユニフォームベースの伝統を継承しています。同時に、ユニフォームの襟と袖口はピンクで飾られ、白いユニフォームの下では肩から袖まで伸びるピンクのフォームストライプが目立ちます。新ユニフォームはプーマの2018年春夏コレクション新モデル「LIGA Collection(リーガ コレクション)」を基にデザインです。アウェイは白基調で差し色にピンクを使用します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.