2018FC東京ホームユニフォーム

このたび、2018シーズンのFC東京1stユニフォームのデザインが決定しましたので、発表しました。「炎の騎士」のデザインコンセプトで、チームの伝統的な青と赤の色が、冷たい環境で情熱的な炎として新ユニフォームに登場します。冷静さと情熱<炎>を身にまとい戦う姿をデザインコンセプトにします。”炎の騎士”コンセプトの指導の下、デザイナーはキャバリアーズの鎧のようなプレイヤーに燃え尽きの情熱を与え、同時にチームのファッショナブルでパワフルな外観を示します。ユニフォームの胸は誇らしげに刺繍されたチームのバッジを表示し、詳細な金のトリムは複雑な詳細をもたらします。

騎士が身にまとう甲冑は自身の力の象徴で、いかに目を引くかが重要視され、輝きやデザイン性で派手さを求められるものが多いです。有名なダイヤモンドチェーンがウンブロのユニフォームに戻ったのは、1977年に初めて作られ、その後数十年間、それはUMBRO要素になります。新しいシーズンのホームユニフォームは青、ユニフォームのデザインにはエコー、ショーツの短辺にはゴールドトリム、ウンブロブランドの象徴的なダイヤモンドチェーンです。明るい赤い靴下は青い横細線で装飾されており、チームの英語名は「F.C.東京(東京FC)」の裏面にも表示されています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.