水戸ホーリーホック 2018 ユニフォーム

水戸ホーリーホック 2018 ユニフォームを発表します。その水戸の2018シーズンに向けたホームユニフォームは、『Re:design(リデザイン)』がデザインコンセプトです。20年前にプロリーグ参入を目指し戦っていたクラブのユニフォームにはクラブ史上唯一、ユニフォームに「水色」が使われています。水戸がまだJリーグへの参入を目指していた頃、ユニフォームには歴代で唯一、水色が使用されていました。その水色を新ユニフォームではすべてのモデルに再現し、新たな水戸の挑戦を後押ししています。メイングラフィックには、古くから日本のプロダクトデザインに用いられていた檜垣(ヒガキ)柄を採用します。檜垣柄は現代でも身近なところに使用されている日本の伝統模様です。クラブという存在が関わる人々にとって身近な存在であることを表現しています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.