湘南ベルマーレ 2018 ホームユニフォーム

日本の湘南オーシャンフットボールクラブ(湘南ベルマーレとも言われる)は、2018シーズンに向けてチームの新しいホームユニフォームを発表しました。

新しい湘南ベルマーレ2018年のホームシーズンユニフォームは、クラブの象徴的な緑色と青色を使用しています。今年は神奈川県のサッカークラブ開設50周年を記念し、クラブのさらなる発展と飛躍への自信を示すためにユニークなデザインを多数取り入れています。ユニフォームの前後には、5つの濃い緑の細かい線で構成された斜めのパターンが追加され、チームの発展を支える力に対するクラブの感謝の気持ちが示されます。クラブの最初のJリーグだけでなく、クラブの前身、古川SCユニフォームの象徴的な菱形に、シャツの胸の斜めの青いリボンと袖の青い縞が追加されます。右袖のチーム名「湘南」に参加し、チームが代表する9都市の11都市の名前に参加します。新しいユニフォームには、青いVネックと、クラブの創立50周年を記念して特別にデザインされたゴールド記念ロゴがあります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.