V・ファーレン長崎 2018 新ユニフォーム

チームの最初のトップリーグシーズンを開こうとしている日本の長崎航海サッカークラブは、チームの2018シーズンのホームユニフォームとアウェイユニフォームをリリースする予定で、「平和」の願いを伝える新しいユニフォームがフンメルによって提供されています。ホームユニフォームには、長崎市の秋祭り「長崎くんち」の着物に使われている伝統的な波模様を採用します。波の上には、平和のシンボルである鳩を飛ばせます。ホームコートユニフォームは引き続き象徴的な青橙色のマッチを使用し、フンメルの象徴的な矢頭模様がシャツ本体の両側に現れます。また、今シーズン初めて、ユニフォーム背面に世界中の子どもたちの命と健康を守る国連機関である「UNICEF(ユニセフ)」が入ります。

アウェイユニフォームには、長崎くんちの龍踊りで見られる炎をベースに、パンツのすそ部には鳩とオリーブを描いています。   V・ファーレン長崎の新しいユニフォームは白い外観をしており、ジャム本体の両側にはフンメルの象徴的な矢印のサインも現れます。ユニフォームの表裏のオレンジとブルーのパターンは、長崎宮殿の日(長崎)で行われた龍の踊りからインスピレーションを受けています。日本の海外の重要な集まりの場所として、中国から生まれた民族芸術であるドラゴンダンスも地元の人々に愛されています。長崎の世界平和への希望を伝えるために、ハトとオリーブの枝のパターンもボールパンツに加えられます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.