京都サンガF.C.2018 ホームユニフォーム

2018年1月15日、クラブは2018モデルのレプリカ・オーセンティックユニフォームの予約販売を開始します。

京都の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、ホーム(1st)は紫と赤の交錯する線により、京都を代表する街並みのひとつ「碁盤の目」を表現します。エンブレムから流れる深い紫の襷は、真っすぐな道を表し、険しく厳しい道のりであったとしても、紫の力を集結しJ1昇格へと導く道しるべとなるようにとの思いを込めます。紫のタスキは「紫魂」、赤のラインは「鳳凰の力強さ」の意味もあるとのことです。モデルは昇華プリント(エンブレム・スポンサーロゴ含む)を採用し、さらなる軽量化と高い運動性を実現することで、選手のベストパフォーマンスをサポートです。襟ぐりには伸縮性のあるリブ素材を採用し、着脱時のストレス軽減とフィット感をアップです。京都サンガF.C.2017-2018  アウェイユニフォーム

アウェイ(2nd)は白を基調としたデザイン。ホームと同じテンプレートで、紫のタスキが印象的です。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.