川崎フロンターレの2018シーズン新ユニフォームを紹介!

リーグ優勝を表す星がついた、川崎の2018シーズン新ユニフォームです。


川崎はクラブ創設20周年を迎えた2016シーズン、ホームにクラブ創設時の「ストライプ」、カップ戦モデルに2009年の「スラッシュ」を採用したが、それら以上にクラブの歴史の中で長い期間着用していたのがこの「ツートン」であります。青の部分は、クラブとして積極的に行っている地域活動やプロモーション活動の取り組みを「優しさや安心感」として表現します。黒の部分は、チームが持つ「力強さ」を表現しているといいます。ボディには薄くストライプが配され、クールネックを採用します。つまり、片方だけではなく両方を突き詰めて、バランスの取れた、強くて楽しいクラブを目指すという意志が込められていいます。

アウェイ(2nd)は、白を基調としたデザインです。川崎のアウェイユニフォームとしては珍しくホームと共通のテンプレートを使用します。そして胸スポンサーが『arrows』からホームと同じ『Fujitsu』へと変更されます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.