もう一度J1と戦う!名古屋グランパス 2018 新ホームユニフォーム

日本の名古屋グランパスとミズノは、2018年のユニフォームに向けて新しいホームユニフォームを発表しました。来シーズン、チームは日本のJ1リーグで新しいユニフォームで競います。新しいシーズンには、名古屋グランパスユニフォームは、クラブの伝統的な赤色の外観を維持しています。ユニフォームの正面には、赤とオレンジのグラデーションストライプのトップダウンが付いています。パートナー、そして彼らが住んでいる都市は、このチームのメンバーとして彼らの幸福を示しています。これは、選手、サポーター、ホームタウン、パートナーなど、クラブに関わるすべての人の個性が集合して一つに染まる姿をイメージしています。シャツ・チェストのバッジは、フル装備の3Dホットプレス・プロセスを使用して作成されています。チーム・エンブレムの3つの金色の星は、リーグのチャンピオンとチームの歴史上の2つのエンペラー・カップのチャンピオンを表します。赤、黒、オレンジの色で飾られているヘンリーは、クラブの新しいホームユニフォームをよりエレガントに表現しています。

クラブの赤、黒、オレンジの色がユニフォームの袖に加えられ、愛知県の3つの都市と、クラブ、名古屋市、豊田市、三好市徽章の主な活動が右側の袖に追加されています。「あなたの故郷に根ざし、そこに住むすべての人と勝利を分かち合う」というデザインコンセプトを示しています。同時に、ニューユニフォームにはエレガントなヘンリー・カラーのデザインが施されています。ユニフォームのチェストバッジはフル機能の3Dホット・スタンピング・プロセスで作られています。チーム・エンブレムの3つの金色の星はリーグのタイトルで、チームの歴史の2倍です。全身はこんな感じです。黒パンツ、黒ソックスとの組み合わせが力強さを感じさせます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.