ロアッソ熊本 2018 ユニフォーム

ロアッソ熊本は1月21日、2018シーズン新ユニフォームを発表を発表しました。

キーパーは1stが黒基調で2ndが黄色とグレーのボーダーを選択します。背中にはシンボルとして「ロアッソ熊本ユニフォーム姿のくまモン」、右袖には『熊本城』を表記し、ユニフォームを着た全員が熊本復興のチカラとなるように」という想いを込めています

ィールドプレーヤー1stユニフォームには、ロアッソ熊本ユニフォームで初めてストライプ柄を採用します。チームカラーである「赤」に「黒」を加えた2色で、ロアッソ熊本のチームフラッグをイメージしています。今までにないカラーリングでのインパクトと、ロアッソ熊本のゴールを守るゴールキーパーとして力強さを感じさせるブラックを基調としています。

ゴールキーパー2ndユニフォームにはフィールドプレーヤーと同じく、ボーダー柄を採用しています。ユニフォーム背中・背番号下には、熊本のシンボルとして「ロアッソ熊本ユニフォーム姿のくまモン」が入ります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.