横浜FC 2018 新ホームユニフォーム

1998年のクリスマスには、ライバルの横浜船員との合併に対する不満のため、横浜フライクラフトの忠実主義者が現行の横浜FCを設立するための資金を調達した。

2018年にはチームが20周年を迎えようとしています。ユニフォームのスポンサーであるSoccer Junkyもこの重要な年を祝うためにユニフォームデザインに20周年の要素を取り入れます。クラブは20周年記念バッジを発表します。クラブ名と20周年に加えて、この紋章にはチームを象徴するフェニックスロゴも含まれています。

ホームコートユニフォームはまだ象徴的なスカイブルーの外観をしており、ユニフォームの裾はツリーリングのようなパターンを加えています。ユニフォームの前と後ろには、クラブのロゴの巨大なフェニックス・シェードが加わります。首輪の下に、うまく設計されたクラブが創立20周年バッジを設けます。Jリーグはシャツ・カラー・クラン広告をオープンして以来、横浜の地方建設機械リース会社ニッタイからの広告が、新シーズンに横浜FCユニフォームの右鎖骨に現れます。2018年のシーズンには、横浜FCのホームユニフォームとアウェイユニフォームが「成長」というコンセプトで設計され、クラブの20年間の発展を示しています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.